So-net無料ブログ作成
検索選択

Audi A8 エアサス故障後編

前編よりつづく 
 
さて私にはcoco塾並に心強いGoogle翻訳がある。日本語→英語→またまた日本語に翻訳すると意味が分からなくなるアレである。もともと意味の分からないアメリカ人と話すだけなので問題ないだろう。なんでフライドポテトにあそこまでケチャップかけるんだろう。やっぱり意味分からない。

Google自動翻訳でサイトを見ていく。“リビルドマスターテック”の製品はオフィシャルサイトとeBay(イーベイはアメリカのヤフオク!みたいなものです)で売っていたが、eBayには 「May not ship to Japan.」と記載があって「日本には発送しないかもね」とのことなのでオフィシャルページに記載のメールアドレスに質問を投げてみた。かもねってなんだよ。気分なのかい。
返事はすぐに来て「Hi.日本へも出荷するけど配送料は$150かかるよ」とのこと。アメリカ国内だと配送料は$45で済むらしい。まぁ仕方ないので了解。

eBayでの購入はバイヤーズプロテクションという補償の仕組みがあるらしく評判の分からない”リビルドマスターテック”からの購入でもまぁ安心。ただeBayでの支払いはPayPalアカウントが必要なのでちと敷居が高い。つかアカウント作るのがめんどくさい。オフィシャルページで買うことにした。

でオフィシャルサイトのカートに「Audi A8 Left Air Strut $650.00」を入れる。続けて「Audi Strut Core Charge $250.00」も入れる。
コアチャージというのは日本の商習慣では聞きなれないが、交換した古いパーツを買い取ってくれるというものらしい。古いパーツは日本で処分するからエアサスだけ欲しいという場合でもカートには入れないといけないらしい。つまり「リビルド品のサスを$650+$250の$900で売るがあんたの壊れたサスくれたら$250は返すよ。」という商売方法らしい。
「らしい」が続くのはこういう買い物をするのが初めてだし、Google翻訳がいまいち意味不明だからだ。ま、カネが返ってくる保証は今のところない。

カートに入れた「Audi Strut Core Charge」にはアメリカ国内からの注文であれば返送用の伝票が同梱され返送料は無料になると記載があるが日本は適用外だろうから送料$150払う上に返送料は自腹となる。$250の返金を得るために$150の返送料を払うのか。返送の手間を考えるとあまり旨みがない。だれか$100あげるから梱包とか発送とかしといて。
これは最初から$900のサス+$150の送料と思っていたほうがよさそうだ。にしても純正パーツが30万円以上するところ3分の1の$1,050で買えるのは魅力的。

決済画面に進むとクリックできるボタンが「pay with PayPal」しかない。同じ画面の下の方にはPayPalとCredit Cardで支払いができると書かれているのに。
 
cart.jpg
PayPalでしか決済が出来ない 
 
文句を言う相手も居ないし居ても語学力もないのでここは引き下がる。今後eBayで何か買うこともあるさ、とそんなこともないのにPayPalアカウントを作成し決済に進んだ。くそぉ。

PayPalアカウント作成については結構面倒で、当初10万円までの買い物制限があるので$1,050の支払いが可能なのかという問題もあったがそれについて語りだすとトイレ休憩あと3回はさむことになるのでまた別の機会に触れたいと思う。

決済完了!でかしたオレ、あとGoogle翻訳も。

PayPalからは支払い完了のメールが即時届き、”リビルドマスターテック”からも36時間後に「注文ありがとう。送料は$150です。日本の場合コアチャージが$100追加になります。なので追加で$250払いやがれ。」とメールが来ました。
送料$150は聞いていたけど、「Audi Strut Core Charge $250.00」が$350になるということかい。さっき返金差額が$100では送り返す旨みがあまりないと書いたけど先方も承知のようで差額$200なら送り返すかという気になる。システムとしては良いと思う。PayPal宛に追加$250の請求が来たので払っておいた。
ま、カネが返ってくる保証は今のところない。

ここまでで「Audi A8 Left Air Strut $650.00」、「Audi Strut Core Charge $350.00」、「Shipping $150」の$1,150の買い物となった。この日のレートで120,837円だ。後で$350返ってくるかもしれないし返ってこないかもしれない。という宝くじを買った後のような気分もついてくる。

あと交換工賃とか返送料とかあるよなぁ。この件に何時間割くんだろう。オレの時給高かったよなぁ。結果純正パーツと金額差あまりなかったりして。という思いは今は封印しておくことにする。しかも結構疲れてきたな、はぁ。

あ、トイレ行くなら今ですよ。


さて、支払いは完了したので到着を待つだけなのだが、そもそも奴らは発送するのか。ここで詐欺でした、とか普通に有り得るし。
”リビルドマスターテック”に荷物の追跡番号を教えるようメールしてみた。そこそこ迅速に、でもそっけなく番号が返ってきたのだがそれがどの業者の追跡番号なのかが書かれていない。USPS、FedEx、UPSなど知る限りの業者のサイトで入力してみるが番号がヒットしない。メール返信してどの業者なのさ、と聞くと面倒くさそうに1行返信で「Its USPS」とだけ。くそぉ、それがヒットしないから聞いてるんぢゃないか。お前とマクドナルド行ってもフライドポテトにケチャップかけさせないからな。

まだ集荷中なのかも。明日もう一度やってみよう、と気を取り直す。
で明日になる。ヒットしない。材料買いに行ってるのかな。うんうん。
で明日になる。ヒットしない。今作っているんだよな。うんうん。
で明日になる。ハガキが届いた。え? しかも日本の税関からだ。内容は「あなた宛てにアメリカから届いた荷物があるのだが課税しちゃうぜ。輸入の目的はなんだい。」というもの。不親切にも切手の貼ってない返信ハガキがついていて返答しないとオレのエアサスは入国できないらしい。電話とかメールぢゃだめなのかい。
今回の経費に50円プラスさせてもらうぜ、くそぉ。

ハガキを投函した2日後、エアサスが届きました。おぉ。 
DSC01462.JPG
一度開梱された痕がある。まぁ当然。税付の赤いシールもあり。
 
「Its USPS」は本当でUSPSのEMS(国際スピード郵便)伝票が貼ってある。バーコードのところに追跡番号が印字されていたのだが聞いていた番号ではない。んー間違った番号教えやがったな。そりゃヒットしないよな。このビジネスに対するアバウト感って・・間違えただけなのか適当なのか。
 
配達に来た郵便屋さんは国際郵便物課税通知書を持っていました。関税はかからないつもりでいたのだが・・
SCAN0052.JPG
 
日本の税関は今回買ったエアサスに消費税・地方消費税2,000円と通関料200円かけたらしい。2,200円を郵便屋さんに渡してブツを受け取りました。その際に受け取った書類には東京税関長に対して不服申し立てができると書かれている。別にいいよ。
今回の経費に2,200円プラスさせてもらうぜ。くそぉ。


はぁ、確かに届いた。
当然なんだけど少し驚き。詐欺業者ではなさそうだ。いやいや取り付けしてみないと分からない。取り付けたとたんにエア漏れするとか、はたまた破裂するとかあるかもしれない。ちゃんと走れて、返送後の返金を受け取るまではまだケチャップ問題は和解できない。

DSC01469.JPG 
開梱してみると光り輝くエアサスが 
 
 
DSC01471.JPG 
ゴム系部品は新品を使用しているそうです 新しいOリング付き
 
 
DSC01464.JPG 
ちなみに外箱にはSuncoreという社名が
ここからも買えるらしい
 
 
社外品ということもあるのでいつものディーラーでの取り付けは遠慮させてもらいまして、ネットで少し前に見つけて一度ブレーキローターの交換をしてもらったショップに持ち込むことにしました。
DSC01483.JPG
さぁ手術開始です
 
 
DSC01492.JPG 
左前輪からサス摘出
 
 
DSC01486.JPG
新旧並んでます 
 

DSC01501.JPG
手術成功!
 
 
交換自体はもちろん成功。コンピュータのフォルトデータもクリヤしてもらい車高も正常。dynamicモードとautomaticモードの切り替えも出来るように戻りました。しかもliftモードにもなるぢゃないですか。どういうこと?
「エアサスコントローラが壊れてliftモードにならない。修理には70まんえんかかる」ってディーラーで言われていたのがサス1本交換したらついでに直ってしまいました。これなら砂利道どころか岩山だって走れます。富士山頂までだって行けるぞ。これはラッキーです。

BIGで6億円当たる次くらいに良い気分になったので交換後の帰り道に面倒くさがらずに郵便局に寄って面倒な書類を2枚書いて取り外した故障しているサスを”リビルドマスターテック”宛に送り返したのでした。EMS(国際スピード郵便)での返送料は14,000円。来るとき$150なのでそんなもんかという感じです。※JP船便だと5,000円くらいらしいです。
ま、カネが返ってくる保証は今のところない。

発送後、うその追跡番号を先方にメールしておこうと思ってうだうだしていたらさすがに航空便。2日後には先方に届いてました。仕返し失敗。
 
さぁここからが正念場。”リビルドマスターテック”のサイトに書かれている返金ポリシーによると、到着後14営業日までにクレジットカードもしくは郵送によるチェックで返金する、とある。
返金しなかったらどう仕返ししてやろうかとネチネチ考えていたら10日目にPayPalから返金されたよメールが来ました。PayPalはまぁ信用しているので、次回クレジットの引き落とし時に相殺されていることでしょう。Great America。
 
 
戦いは終わった。やつらとフライドポテトを食べることがあればケチャップをもう結構と言うまでかけてあげよう。

 
 
ending credits
主演 - Audi A8 Left Air Strut $650.00
助演 - Audi Strut Core Charge $350.00
運搬1 - Shipping $150
税関1 - 切手 50円
税関2 - 国際郵便物課税 2,200円
メカニック - 交換工賃 15,750円
運搬2 -  返送料 14,000円
助演2 - Audi Strut Core Charge -$350.00 
労力 - priceless 
 

nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 7

4E

参考になります。

MMIでブルートゥースを使っているんですか?
気になります!

もしよろしければ教えて下さい。
by 4E (2013-10-01 23:40) 

2007 S8

2007 S8ですが左前エアサスリーク、同じ症状になりました。情報感謝です。ありがとうございます。
by 2007 S8 (2013-10-02 09:20) 

づかちん

4Eさん、MMIの画像は海外モデルの物を拾ったので日本仕様ではありません。画面にsportの文字があるのでたぶんS8の画面です。bluetooth付いてると良かったですね。残念。
by づかちん (2013-10-04 20:34) 

づかちん

2007 S8さん、同じ症状の人がいた時のために延々書きましたがいくらかでも役に立ってよかったです。
by づかちん (2013-10-04 20:37) 

2007 S8

返信ありがとうございます。嬉しいです。
サスは来週来るらしいので楽しみです(笑)また続報をFBに書いておきます。

bluetoothですが、私は純正のドコモムーバの差し込みにNVBTH2を接続してiPhone5で無線状態で正常に電話やオーディオ再生できています。ちょい古のaudiユーザーには一般的なようです。NVBTH2は現在中古しか入手できませんが。http://www.iodata.jp/product/mobile/caradp/nvbth2/index.htm
他に自分で地デジチューナーも付けています。

FB上でポルシェの整備情報のページを主催しているのですが、audi整備情報もまとめたいところです(笑)
数少ない8シリーズの情報交換して頂ければ嬉しいです。
ちなみにフェイスブックされておられますでしょうか?

長文失礼致しました。以後どうぞ宜しくお願い致します。
by 2007 S8 (2013-10-06 02:25) 

2007 S8

左前サス交換私も終わりました。お陰様でばっちりです。今回の経緯をFacebookのアウディ整備情報ページにまとめまてみました。今後みなさまと情報を共有できたらと思います。https://www.facebook.com/groups/246759455478474/
今後とも宜しくお願い致します。
by 2007 S8 (2013-10-23 09:23) 

通りすがり

名前の通り、検索からやってきました。
素晴らしいレポートです。私のは5万キロのものを中古で買って乗っています。
ロワリングキットがついており、いまは好調ですが同じ症状が出たら参考にしたいと思います。

by 通りすがり (2013-11-28 18:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。