So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Audi A8 エアサス故障後編

前編よりつづく 
 
さて私にはcoco塾並に心強いGoogle翻訳がある。日本語→英語→またまた日本語に翻訳すると意味が分からなくなるアレである。もともと意味の分からないアメリカ人と話すだけなので問題ないだろう。なんでフライドポテトにあそこまでケチャップかけるんだろう。やっぱり意味分からない。

Google自動翻訳でサイトを見ていく。“リビルドマスターテック”の製品はオフィシャルサイトとeBay(イーベイはアメリカのヤフオク!みたいなものです)で売っていたが、eBayには 「May not ship to Japan.」と記載があって「日本には発送しないかもね」とのことなのでオフィシャルページに記載のメールアドレスに質問を投げてみた。かもねってなんだよ。気分なのかい。
返事はすぐに来て「Hi.日本へも出荷するけど配送料は$150かかるよ」とのこと。アメリカ国内だと配送料は$45で済むらしい。まぁ仕方ないので了解。

eBayでの購入はバイヤーズプロテクションという補償の仕組みがあるらしく評判の分からない”リビルドマスターテック”からの購入でもまぁ安心。ただeBayでの支払いはPayPalアカウントが必要なのでちと敷居が高い。つかアカウント作るのがめんどくさい。オフィシャルページで買うことにした。

でオフィシャルサイトのカートに「Audi A8 Left Air Strut $650.00」を入れる。続けて「Audi Strut Core Charge $250.00」も入れる。
コアチャージというのは日本の商習慣では聞きなれないが、交換した古いパーツを買い取ってくれるというものらしい。古いパーツは日本で処分するからエアサスだけ欲しいという場合でもカートには入れないといけないらしい。つまり「リビルド品のサスを$650+$250の$900で売るがあんたの壊れたサスくれたら$250は返すよ。」という商売方法らしい。
「らしい」が続くのはこういう買い物をするのが初めてだし、Google翻訳がいまいち意味不明だからだ。ま、カネが返ってくる保証は今のところない。

カートに入れた「Audi Strut Core Charge」にはアメリカ国内からの注文であれば返送用の伝票が同梱され返送料は無料になると記載があるが日本は適用外だろうから送料$150払う上に返送料は自腹となる。$250の返金を得るために$150の返送料を払うのか。返送の手間を考えるとあまり旨みがない。だれか$100あげるから梱包とか発送とかしといて。
これは最初から$900のサス+$150の送料と思っていたほうがよさそうだ。にしても純正パーツが30万円以上するところ3分の1の$1,050で買えるのは魅力的。

決済画面に進むとクリックできるボタンが「pay with PayPal」しかない。同じ画面の下の方にはPayPalとCredit Cardで支払いができると書かれているのに。
 
cart.jpg
PayPalでしか決済が出来ない 
 
文句を言う相手も居ないし居ても語学力もないのでここは引き下がる。今後eBayで何か買うこともあるさ、とそんなこともないのにPayPalアカウントを作成し決済に進んだ。くそぉ。

PayPalアカウント作成については結構面倒で、当初10万円までの買い物制限があるので$1,050の支払いが可能なのかという問題もあったがそれについて語りだすとトイレ休憩あと3回はさむことになるのでまた別の機会に触れたいと思う。

決済完了!でかしたオレ、あとGoogle翻訳も。

PayPalからは支払い完了のメールが即時届き、”リビルドマスターテック”からも36時間後に「注文ありがとう。送料は$150です。日本の場合コアチャージが$100追加になります。なので追加で$250払いやがれ。」とメールが来ました。
送料$150は聞いていたけど、「Audi Strut Core Charge $250.00」が$350になるということかい。さっき返金差額が$100では送り返す旨みがあまりないと書いたけど先方も承知のようで差額$200なら送り返すかという気になる。システムとしては良いと思う。PayPal宛に追加$250の請求が来たので払っておいた。
ま、カネが返ってくる保証は今のところない。

ここまでで「Audi A8 Left Air Strut $650.00」、「Audi Strut Core Charge $350.00」、「Shipping $150」の$1,150の買い物となった。この日のレートで120,837円だ。後で$350返ってくるかもしれないし返ってこないかもしれない。という宝くじを買った後のような気分もついてくる。

あと交換工賃とか返送料とかあるよなぁ。この件に何時間割くんだろう。オレの時給高かったよなぁ。結果純正パーツと金額差あまりなかったりして。という思いは今は封印しておくことにする。しかも結構疲れてきたな、はぁ。

あ、トイレ行くなら今ですよ。


さて、支払いは完了したので到着を待つだけなのだが、そもそも奴らは発送するのか。ここで詐欺でした、とか普通に有り得るし。
”リビルドマスターテック”に荷物の追跡番号を教えるようメールしてみた。そこそこ迅速に、でもそっけなく番号が返ってきたのだがそれがどの業者の追跡番号なのかが書かれていない。USPS、FedEx、UPSなど知る限りの業者のサイトで入力してみるが番号がヒットしない。メール返信してどの業者なのさ、と聞くと面倒くさそうに1行返信で「Its USPS」とだけ。くそぉ、それがヒットしないから聞いてるんぢゃないか。お前とマクドナルド行ってもフライドポテトにケチャップかけさせないからな。

まだ集荷中なのかも。明日もう一度やってみよう、と気を取り直す。
で明日になる。ヒットしない。材料買いに行ってるのかな。うんうん。
で明日になる。ヒットしない。今作っているんだよな。うんうん。
で明日になる。ハガキが届いた。え? しかも日本の税関からだ。内容は「あなた宛てにアメリカから届いた荷物があるのだが課税しちゃうぜ。輸入の目的はなんだい。」というもの。不親切にも切手の貼ってない返信ハガキがついていて返答しないとオレのエアサスは入国できないらしい。電話とかメールぢゃだめなのかい。
今回の経費に50円プラスさせてもらうぜ、くそぉ。

ハガキを投函した2日後、エアサスが届きました。おぉ。 
DSC01462.JPG
一度開梱された痕がある。まぁ当然。税付の赤いシールもあり。
 
「Its USPS」は本当でUSPSのEMS(国際スピード郵便)伝票が貼ってある。バーコードのところに追跡番号が印字されていたのだが聞いていた番号ではない。んー間違った番号教えやがったな。そりゃヒットしないよな。このビジネスに対するアバウト感って・・間違えただけなのか適当なのか。
 
配達に来た郵便屋さんは国際郵便物課税通知書を持っていました。関税はかからないつもりでいたのだが・・
SCAN0052.JPG
 
日本の税関は今回買ったエアサスに消費税・地方消費税2,000円と通関料200円かけたらしい。2,200円を郵便屋さんに渡してブツを受け取りました。その際に受け取った書類には東京税関長に対して不服申し立てができると書かれている。別にいいよ。
今回の経費に2,200円プラスさせてもらうぜ。くそぉ。


はぁ、確かに届いた。
当然なんだけど少し驚き。詐欺業者ではなさそうだ。いやいや取り付けしてみないと分からない。取り付けたとたんにエア漏れするとか、はたまた破裂するとかあるかもしれない。ちゃんと走れて、返送後の返金を受け取るまではまだケチャップ問題は和解できない。

DSC01469.JPG 
開梱してみると光り輝くエアサスが 
 
 
DSC01471.JPG 
ゴム系部品は新品を使用しているそうです 新しいOリング付き
 
 
DSC01464.JPG 
ちなみに外箱にはSuncoreという社名が
ここからも買えるらしい
 
 
社外品ということもあるのでいつものディーラーでの取り付けは遠慮させてもらいまして、ネットで少し前に見つけて一度ブレーキローターの交換をしてもらったショップに持ち込むことにしました。
DSC01483.JPG
さぁ手術開始です
 
 
DSC01492.JPG 
左前輪からサス摘出
 
 
DSC01486.JPG
新旧並んでます 
 

DSC01501.JPG
手術成功!
 
 
交換自体はもちろん成功。コンピュータのフォルトデータもクリヤしてもらい車高も正常。dynamicモードとautomaticモードの切り替えも出来るように戻りました。しかもliftモードにもなるぢゃないですか。どういうこと?
「エアサスコントローラが壊れてliftモードにならない。修理には70まんえんかかる」ってディーラーで言われていたのがサス1本交換したらついでに直ってしまいました。これなら砂利道どころか岩山だって走れます。富士山頂までだって行けるぞ。これはラッキーです。

BIGで6億円当たる次くらいに良い気分になったので交換後の帰り道に面倒くさがらずに郵便局に寄って面倒な書類を2枚書いて取り外した故障しているサスを”リビルドマスターテック”宛に送り返したのでした。EMS(国際スピード郵便)での返送料は14,000円。来るとき$150なのでそんなもんかという感じです。※JP船便だと5,000円くらいらしいです。
ま、カネが返ってくる保証は今のところない。

発送後、うその追跡番号を先方にメールしておこうと思ってうだうだしていたらさすがに航空便。2日後には先方に届いてました。仕返し失敗。
 
さぁここからが正念場。”リビルドマスターテック”のサイトに書かれている返金ポリシーによると、到着後14営業日までにクレジットカードもしくは郵送によるチェックで返金する、とある。
返金しなかったらどう仕返ししてやろうかとネチネチ考えていたら10日目にPayPalから返金されたよメールが来ました。PayPalはまぁ信用しているので、次回クレジットの引き落とし時に相殺されていることでしょう。Great America。
 
 
戦いは終わった。やつらとフライドポテトを食べることがあればケチャップをもう結構と言うまでかけてあげよう。

 
 
ending credits
主演 - Audi A8 Left Air Strut $650.00
助演 - Audi Strut Core Charge $350.00
運搬1 - Shipping $150
税関1 - 切手 50円
税関2 - 国際郵便物課税 2,200円
メカニック - 交換工賃 15,750円
運搬2 -  返送料 14,000円
助演2 - Audi Strut Core Charge -$350.00 
労力 - priceless 
 

Audi A8 エアサス故障前編

この物語を

Audi A8の左前エアサスの故障に対し

リビルドパーツを使用して修理せんとする

すべての勇者に捧げる

 

 

まっすぐ進まないんです。

右に10度ステアリング切っておくとまっすぐ進みます。

んー新車で買ったとは言え8年も乗ってたらそんなこともあるかもしれない、とか思い。

 

ショックがすごいんです。ガタガタドンッとか。

サス固めたいと思っていたからこんなのもありかな、とか思い。

 

車を降りて確認すると左前輪のサスがかなりローダウンしていてカッコよくなってます。

ホイールアーチがタイヤを覆っている。いかすなこれ。

でも他の3輪はそのまま。。なんだこれ。

 

もしかして、これは、、そう故障。

 

A8のエアサスは車内のMMI操作で3種類の車高に変更できるのですが、私のA8は少し前から微妙に壊れていて一番車高を高くするliftモード(地上高14.5cm)にできません。このモードは荒れた砂利道や砂浜を走るときくらいしか使わなかったので「liftモードにならないだけの故障」になった時には放置してました。

なんでって直すと70まんえんかかるとディーラーに言われたから。

 

MMI.jpg

liftモードを選択すると1分くらいウンウン唸ってエラーランプが点いてしまう

車高はリアだけ持ち上がってしまうがドラッグレースカーみたいで逆にカッコいい

 

automatic(地上高12cm)という通常モードとdynamic(地上高10cm)という固めモードの切り替えは出来ていたのですが先日ツインリンクもてぎの安全運転講習会で120km/hからのJターンを延々やっていたところその切り替えすらできなくなってしまい、dynamicモード固定になってしまいました。まぁ日常走行の99%でdynamicモードを使用していたので気にしつつも放置してました。

なんでって直すと70まんえんかかるとディーラーに言われたから。

 

でもいい加減まっすぐ進まなくなると入院するしかありません。

人間ならがん保険とかあるのになんで車にはサス保険がないんだろうとか考えながらディーラーでお茶すすって待っていると左前サス交換と診断や工賃などで約35まんえんの見積もり書が出てきました。純正サスは1本30まんえん以上します。ほとんど部品代だな。

 

サス見積もり.jpg

Audi A8のフロントサスは1本30万円

 

私の場合30万円のサス1本だけ交換してもliftモードにならない故障はそのままだろうから中途半端に直すわけで、出費は抑えたい。

純正以外でA8のエアサスって安く売ってないかなぁ。という安易な考えでwebの荒波に調査へ乗り出すのでした。じゃじゃーん。

 

あ、トイレ行くなら今ですよ。

 
 

さて、Google検索によればA8のエアサス故障で苦しんでいる人は見つかりませんでした。私だけ。

VWグループの高価格車でエアサスを採用しているのはA8以外にベントレーコンチネンタルGTやフライングスパーそれからVWフェートンなどがありますが、ディーラーが「○○まんえんで直ります」と言えば「はいそうですか」ってすぐ払う人々しか買わなさそうなクルマです。 

一方A6になるとオールロードクワトロのユーザーが数人エアサス不具合を報告していてどういうわけか彼らも左前サスに患いがあるようです。

 

そんな彼らの記事を眺めつつ更なる調査で結果3社見つけました。どれもアメリカの企業なんですがもうここから選ぶしかないっ。

・アーノット www.arnottindustries.com

・リビルドマスターテック www.rebuildmastertech.com

・ストラットマスターズ www.strutmasters.com

 

“アーノット”と”リビルドマスターテック”は純正パーツのリビルド品ぽいのだが、”ストラットマスターズ”はエアサスではなくコイルスプリングとオイルダンパーの通常サスに交換してしまうコンバージョンキットになってます。

“アーノット”のエアサスは1本$698.5、”リビルドマスターテック”だと1本$650、どちらも純正品の4分の1程度の価格。

“ストラットマスターズ”のコイルサスは4本で$1395と激安。

 

 

 

AS-2560_v1_20120726.jpg 

アーノットのサスは純正と少しデザインが違う

1本$698.5 

 

 

 

 Audi Left Strut.jpg

リビルドマスターテックのサスは見た目純正そのもの

1本$650 

 

 

 

AUDI-A8-4-2.jpg 

ストラットマスターズのエアサスコンバージョンキット

4本で$1395

エアサスが嫌になっちゃった人向け 

 

 

 

エアサスをコイルサスにしてしまう”ストラットマスターズ”はどんな乗り心地になるのか興味があるけど今は除外。欲しいのは1本だけなので。

“アーノット”はみんカラによればすぐエア漏れを起こすと評判悪かったので除外。

つーと”リビルドマスターテック”しか残らない。ただこの会社どう探しても評判が出てこない。facebookページを見つけたのだが"いいね!"が2。2って!?

でももう選択肢はない。男なら行くしかないっ。

 

ということで”リビルドマスターテック”と連絡を取るためにまずはcoco塾に通おうと思うのでした。じゃじゃーん。

だって英語わかんないし。。

 

あ、トイレ行くなら今ですよ。

 

後編へつづく 


Audi A8 1年点検

2か月くらい時期が過ぎてしまいましたが、ディーラーの1年点検に出しました。
法令1年点検基本料金 34,650円かかりました。交換部品特になし。
まぁそんなんなもんか、という感じです。

Audiは最初の3年間はAudi Freeway Planというメンテナンス料金フリーのプランが無料で付いてきますが、オプションでその後2年もケアするAudi CarLife Plusというものがあります。A8は420,000円(その後値上げされている)でしたがFreeway Planでカバーされる法令点検費用や油脂類交換はCarLife Plusでは対象外です。

どうせなら点検・車検整備費用も込みでプランになっているといいですね。


Audi A8 MMI ハング ~でもリセットボタンつきだから安心~

MMIがボケました。。
ナビの機能を忘れたようです。ケータイつながっているのも忘れたようです。
モニタにはこんな表示が・・
080311_2213~001.jpg080311_2214.jpg
Not Installedだと・・・

こんな時にどうするかというと、この症状を年に数回経験している私には分かっています。
そう。ななめ45°チョップです。機械にはこれが一番!

いやいや、MMIのとある3つのボタンを同時に押すことでリセットがかけられます。
画面が瞬間真っ暗になり、MMIの起動画面が表示されます。
この起動画面にWindowsとか表示されてたりしたらもっと頻繁にハングしたりするんだろうとか思いつつ数秒待っていると、すべてを思い出してくれたMMIが現れて「やぁマイケル」と言ってくれます。

その後すべての機能は元に戻るのですが、また2か月くらいすると忘れられちゃうんだよなぁ・・

んで3つのボタンとは↓です。

A8mmi.jpg

MMI対応充電機能付きFOMA変換アダプタ発見!


PLANEX メルセデスベンツ/BMW/アウディ純正ナビ対応 カーナビ専用FOMA接続アダプタ(充電/ハンズフリー/電話帳転送対応)AM-PDCF01

これ!こんなのを探していました!その名も「AM-PDCF01」。よくわからんが頼もしい名前だ。
なんとメーカーオプションではできない、FOMA充電機能が付いてます。すげー
これ買って何がしたいかっていえば、ハンズフリーでケータイ使ってアウディクラブコンシェルジュに電話したいわけだが、先日のブログに書いたとおりこのサービスは現在使用できません。くそー

Audi A8のMMIに接続するケータイは標準ではmovaしか接続できません。いまどき誰がmova持ってんだよ。
で、AudiではオプションでFOMAに変換するアダプタを25,000円くらいで売っているのですが、工賃込みで40,000円くらいかかってしまいます。
部品自体はDocomoが出している「車載用FOMA接続アダプタ 01(12,000円くらい)」と同じものなんですが、専用ハーネスや細かい取り付けキットが同梱されているという違いがあるようです。
にしても部品代が倍ってマージンとりすぎだよAudiJapan。

しかもAudi純正オプションはFOMAへの充電機能がありません。
配線を改造して充電可能にしている方のブログはいくつか見たのですが、この年になって半田ごてもう持ちたくありません。

さっそく購入してみよっと。


2008/2/11追記
その後すぐにamazonで、15,400円で買いました。
んでしばらく使っていますが、別に普通に使えていて問題ありません。
多少ノイズが入るときがありますがノイズキャンセラでもかませば気にならないでしょう。
ケータイ滅多に使わないし、使えば普通に使えていて特に感動もありませんでした。
ウィルコムを繋げられるアダプターがあるといいなぁ~とつくづく思います。


アウディクラブコンシェルジュ サービス停止の裏事情?その2

ウィルコムからはアウディクラブコンシェルジュが利用不可と判明してからはや2年。
このままだと利用しないまま3年過ぎてしまうのでもったいない。ケータイ代投資してもそれ以上のサービスを受ければ良いじゃないか。
聞きたいことはいくらでもあって「目的地の天気」「持ってる銘柄の株価」「近くにあるおいしいお店」などなど何リクエストしても良いらしい。

ということで敬老の日にDocomoケータイを買いましたっ(私はまだ3?ですが)。理由はアウディクラブコンシェルジュを利用するため、のみ。
0570ナビダイヤル利用時には無料通話分が充当されないので、一番安いタイプSSでの契約です。
で早速どんなおネエさんが出てくるんだろうとわくわくしながら電話してみると、アウディクラブコンシェルジュよ、おいっ「本日はお休みです」と自動音声が流れるではないか。くそっ

でアウディジャパンに確認すると「システム調整のため6月よりサービス停止中。再開は未定。」との驚愕の事実が判明したわけである。
ケータイいらね。解約するから費用賠償してくれよ、アウディジャパン。

アウディジャパンは詳細を話そうとしないので、実際にサービスを提供しているモバイルキャスト株式会社を調べて見ました。

するとモバイルキャストの未公開株を購入する「プレッヂ投資事業有限責任組合」というものが出てきました。このプレッヂがモバイルキャストの株を取得する資金源は一般人からの出資です。
「本組合は出資金の大半をモバイルキャスト株式会社の株式取得に使用いたします。現在のところ同社株式以外の出資は予定しておりません。」だそうで、これはもう怪しさ満点です。この組合って登録されてるのか?出資法に触れてないか?よく分からんけど。
未上場ベンチャーであるモバイルキャストの株しか取得しないプレッヂって超強気。普通ありえませんね。
単にモバイルキャストに金を流すルートを作っただけとしか思えません。

さらに、2ちゃんではモバイルキャストの社長である赤池英二氏が叩かれるべくして叩かれている板がありました。

モバイルキャスト裏事情&赤池英二を探せ!
モバイルキャスト裏事情&赤池英二を探せ!その②

あぁぁ、なんてことだ。2ちゃん上の会話なんてあまり耳を傾けないもんだけど、この話が本当ならアウディクラブコンシェルジュが停止しているのはモバイルキャストのせいだな。きっと給料払えなくてオペレータが辞めてったんだな。

つーかそもそも会社の情報をちゃんと調べずに手を組んだアウディジャパンのせいだな。これは。
しっかりしてくれよアウディジャパン。次はレクサス買うぞ。

 

 


アウディクラブコンシェルジュ サービス停止の裏事情?その1

相変わらず怒りが続いています。
今年の6月、ユーザーに無断でサービスを突如停止したアウディクラブコンシェルジュモバイルキャスト株式会社というところが提供していたのですが、今怒りの矛先はここに向かっています。

モバイルキャストのサイトによると「2004年6月 Audiオーナーのための情報通信サービス “Audi club concierge” 開始」とあります。ちょうど3年でポシャッたわけですか。
でも俺がA8買ってからまだ3年経ってないんだけどなぁ。まったく。債務不履行だよこれは。
3年間無償サービスって意味ちがくないかい?お前の3年じゃないんだよ。

私はヘビーなウィルコムユーザーなのでアウディクラブコンシェルジュに申し込みをした時もウィルコムの番号を書いて登録しました。
数日で登録されて利用開始の通知が来たのですが、電話してみると繋がりません。
アウディジャパンに連絡すると担当から折り返し(番号ググるとモバイルキャストからだった)が来て判明したのですが、このサービスはケータイからでないと接続が出来ません。最初から言え!

調べてみるとアウディクラブコンシェルジュではNTTコミュニケーションズが提供する「Vポータルダイレクト」と言うものが利用されていました。モバイルキャストへの導入事例はこちら
この通信サービスでは0570か0120が事業者側で選択できます。0570が選ばれてしまったせいでウィルコムから繋がらなくなっています。PHSから0570ナビダイヤルが使えない話はこちら

まぁPHSからナビダイヤルが使えない事に対しては我慢しましょう。クレーム言っても無駄だろうから。
まそんなこともありまして、電話するとおネエさんが出てきて言うことを聞いてくれるというこの便利なサービスを使うためだけにケータイを買うことになったわけです。
でもモバイルキャストのせいでこのケータイが役に立つことはありませんでした。その話は次回に。

 


アウディクラブコンシェルジュ頓挫 しょぼいぞAudiJapanよ

一年も放置していたブログ再開のきっかけはAudiJapanに対する猛烈な怒りだった。怒りのパワーってすごいね。

アウディではレクサスオーナーズデスクと同様のサービスを「アウディクラブコンシェルジュ」(←現在リンク切れ。このサービスは末梢されたのか?)として3年間無償でサービスしている。
登録するとこんな通知書が送られてきます。

続きを読む


Audi A8 平均燃費


当て逃げされた我がA8は修理も終わり先日無事に帰ってきました。

2週間ほど代車S350のボケーっとした乗り味に慣らされてしまっていたのですが、A8は実に切れの良い走りをしてくれて目が覚めます。

上の写真はPocketPCで使えるGasUpLoggerというソフトの画面ですが、A8購入以来ずっと燃費計算をしていて、おおよそ1年経った結果がこんな感じで出てきました。
まぁ平均で5km/Lを割らなければ良しとしています。
ちなみにこの1年でのガソリン消費は2,300L程度。投資額は28万円程度となりました。

このソフト、燃料費も入力できると良いんですけど、現在開発は中止されてバージョンアップの予定が無いそうです。


Audi A8 代車はベンツ


ありきたりな出勤風景ですが、車は修理中のためいつものA8ではなく代車の「わ」ナンバーS350です。
この車を難儀して探し出してくれたのはAudiの担当営業で、加害者側の保険屋はただレンタカー代を払うだけと言う仕組みになっているようです。僕はただ乗るだけという仕組みです。

でインプレッション。
つまらない。探してくれた営業には悪いけど、つまらない。運転している感覚があまり無く、何に乗っているかさえ分からなくなる錯覚にとらわれる。鼓動が安定してしまって何の危機感も抱けないままただ走るだけ。血が騒がない車などいらん。
A8はいつだって官能的に走ってくれるのに。
S500とかAMGなら少しは楽しい乗り物になっているんだろうか。。

S350のいいところを少し。
・停止時に再度ブレーキをグッと踏むとホールドモードというものになり、足を離してもクリープしない。これは便利。
・A8より静かに開く電動トランク

S350のだめなところを少し。
・でしゃばりなABS
・80キロくらいから急に重くなるステアリング
・すぐ悲鳴を上げる255/45R18タイヤ

追記
後日、加害者側の保険屋から賠償額の連絡が来ました。
修理代46万+代車費用64万とありました。
高いレンタカーだなぁこりゃ。


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。